これから求められる理学療法士。

障害があるから、「他人と同じような生活が出来ない」、「元の生活に戻れない」というのは過去の話である。確かにリハビリテーションに困難を伴う病気・障害はたくさんあるが、その人の周辺環境を整えることでクリアになるケースもある。

身体機能障害だけではなく周辺環境や心理状態等、包括的に把握して適切な治療・指導できる理学療法士がこれからも活躍していくことだろう。

理学療法士てどんな職業?

理学療法士│Physical Therapy

理学療法士(PT:Physical Therapist)は障害に対する治療のスペシャリストという立場から、医学的な知識や技術を身につけるというのはもちろん障害を負った方や高齢者が最後までその人らしく生きられるという、人間の尊厳が守られるように対処していく能力が求められます。

そのためにはまず人間の心を理解し、常に「人」を相手にする医療職としての基本的態度を身に付けなければなりません。本校ではこうした資質面での教育を重視するとともに、保険・医療・福祉の連携を深めていくチームの一員として、急性期から終末期までの総合的なリハビリテーションを図れるようになるための知識や技術の習得を目指します。


取得できる資格

理学療法士(国家試験受験資格)
福祉住環境コーディネーター2級(希望者のみ)



  • 学校説明会へ行こう!
  • 資料請求はコチラから
  • 本校の最新情報がいっぱい。blogはコチラ
  • 一関校
  • 国際医療福祉専門学校 七尾校
  • 専門学校 新国際福祉カレッジ