[ カテゴリー » 救急救命学科 ]

実習本格化

救急救命学科では学校での実習をコロナ対策をとって開始。
登校時、午後開始時の検温、必要に応じFase shieldで
窓やドアは解放で実施。

NONALNUM-B5DFBCC2BDACA5B3A5ED


― posted by 広報 at 04:58 pm

毎日が日曜日

春はあけぼの

春は明け方が良しとされますが、この緊急事態はいつ明けるのでしょうか。

あした?来月?半年後?来年?3年後?

それはわかりません。

医療崩壊、経済危機、不安ばかりが積み重なりますが、いつか必ず明けます。

止まない雨はない、明けない夜はない、綺麗事はうるさいw

今はこんな事しか言えませんが、みんなで乗り切りましょう。

学校としても、学生のみなさんに不便を与えてしまい、
どうにかこの状況を少しでも良い方向へと舵を切れないか教員一同頭を抱えて模索しています。


...(T_T)。


学生は毎日を自宅で過ごす日々が続いていますね。

入学式を楽しみにしていた1年生
明日から本気出そうとしていた2年生

満足の新学期スタートができず申し訳ありません。

今は各自でできる事をできるだけやってください。
課題ももちろんやってください。
感染予防という意味でも、勉強するという意味でも
やって損はありません。



春は明け方が良し、趣き深くていいのだ。

この事態も沈静化し、時間が経って振り返った時に
そう思える春でありますように

― posted by 広報 at 03:19 pm

様々な可能性

もし、いつも使っている駅で乗客が倒れたら
もし、隣の席の友達が急に苦しみだしたら
もし、居るのが当たり前と思っていた家族に当たり前でない病気が見つかったなら



考えれば考えるほどいろんな「もし、」が存在します。



もし、倒れた人がウイルス感染症だったら
もし、友達がおかしな咳をしていたら
もし、ひとりで我慢している大切な人の辛さに気づく事ができたなら




もし、誰よりも早く駆け付ける事ができれば・・・




「そうや、救急救命士やん!」
「救急っておもしろいやん!」




そう思えるのではないでしょうか

そうです。おもしろいんです。(((学ぶことが!)))
現場にいちばん早く駆け付けるのは救急隊です。
あなたの学んだ正しい知識、正しい判断で救われる人が必ずいます。






正しい知識、正しい判断でこのウイルスパンデミックを乗り切りましょう!

ひとりだけが率先して行動しても意味がありません。みんなでです!
みんながひとつになるのはスポーツの世界だけではありません。


みんなで手洗いです。手洗いワンチームです。



不安を煽って「みんな不安だから僕も不安」は違うんじゃないかなと思います。
冷静に正しい情報の共有をしましょう。


まずは手洗いうがいが基本です。
そして今多く語られる3密です。

極端なことを言えば、くしゃみをして飛び散る唾液はウイルスの塊です。
時速160〜320kmものスピードです。
速いです。速すぎます。
マスクの着用を心がけましょう。


冷静に落ち着いて行動することで、また違った角度でウイルスと向き合えるのではないでしょうか。




もし、あの時に感染予防をしていれば・・・



そうならないように様々な「もし、」の想定をし、徹底を心がけて下さい。

― posted by 広報 at 09:13 am

春がきた、春がきた、どこに来た

4月は新年度のはじまりですね☆

風が春の訪れを知らせてくれます
この風が追い風となり、

羽ばたいていった卒業生
折り返し地点にようやく辿り着いた新2年生
緊張と不安と希望とワクワクとドキドキと複雑な心境の新入生

みんなの背中を押してくれる風だと思います^^



しかし、いつまでも春の追い風は吹いてくれません。
これからどうするか最後の選択は自分です

遊ぶ時はしっかり遊べ!
悔いが残らないくらいに真剣に遊んでください

そしてやるときはしっかりやりましょう。
大事なのはメリハリです


学生のみなさん、学校で会えることを楽しみにしています!





最近はウイルスの脅威を毎日メディアは取り上げ、危機意識が高まっています。
自分を守る事は大切な人を守る事に繋がります。
こまめな手洗いやうがい、アルコール消毒など個人でできる対策を行って下さい。

― posted by 広報 at 09:29 am

thank you so much

今日は温かい日差しが春を感じさせますね
 
先日、国家試験・卒業式が行われ
新型コロナウイルスの関係で異例でしたが
無事終えることが出来ました
国家試験は例年になく
過去問が通用しない状態でしたが
何とか合格を願っています

卒業式は簡素化されても
みんなの名前を呼ぶことができました
2年間の思い出を振り返り
しっかりと呼んであげられなかったことを悔やんでいます

2年間いろいろなことがありました
言い合いになったり
遅くまで話し合ったり
時には、教員が仲裁に入ることもありました
それでも立派に巣立っていく姿を見て
これから始まる救命への道が
なんとなく明るいものになるのではないかと思っていました

私は今日を持って21期の仕事から離れます
すべて終了しました
ありがとうございました:)


そして2年間にわたり、このブログを読んでくださった方々
本当にありがとうございます:)

私はこれから
21期の仲間と臨床で救命という命の近くで働きます
それは
ここを離れることを意味します

ここでの思い出を胸に
臨床で皆さんに会えたらいいなぁとおもいます

さぁ
始まりのときです:)
2年間ありがとうございました:):)

― posted by 広報 at 12:03 pm

<< 2020.7 >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0904 sec.