救急救命の難しさ

梅雨になり、気候も安定しない毎日です。
体調管理をしっかりとして、充実した学園生活を送ってほしいと思います。


さて、救急救命は一秒・一秒の判断の連続です。
その判断が今後の傷病者の今後を決めいきます。特に、きわめて重篤なときは冷静かつ迅速さが求められます。
家族を含めた対応もまた、重要です。

傷病者が突然倒れたり、苦しんでいる姿を見て
家族も動揺し、衝撃の段階にいます。
そのようなときに、どのような声をかけ、どのような対応がふさわしいか・・・
そんなことを考えながら、学習を深めていくことが必要です。

そして、傷病者にとって必要な処置が何なのか
そこに尽きます。
傷病者が必要としていることを的確に行うこと。
その判断ができるようになれたらいいですね。

2年間は、あっという間です。
無駄にせず、がんばってください       K

― posted by 広報 at 11:42 am

県民の日は当校のオープンCへ

6/15は県民の日(高校は休日)、しかし当校は平日で学校の雰囲気を見ていただく絶好の日です。10:30から始めます。授業参観もありぜひ参加ください。お昼は在校生と一緒に昼食で学生から本音の話が聞けるかも。ご父兄の方もどうぞ!ITやAI化進んでも救急救命士、理学療法士の仕事は続きます。T

op615


― posted by 広報 at 02:23 pm

専門分野の勉強は大変・・・

体調を崩すことなく、学生が通学している学園内は少しにぎやかです。
実習での経験や、授業での振り返り、今後の進路などたくさんの話題が飛び交います。
1年生は、なれない医療用語にとまどいつつ、仲間と一緒に勉強している姿が見られます。


実習、講義などの多重業務をいかに効率よくこなしていくか・・・
学生の奮闘は続きます。



P60524282


― posted by 広報 at 09:49 am

6月になりました

今日から6月です。天気もよく、気持ちいいですね。

入学生は入学からあっという間に2ヶ月がたちました:)
学校生活にも慣れて、勉強も進んでいます。
なれない医療用語に四苦八苦しているようですが、ひとつひとつ丁寧に学習しています。

二年生は、病院実習も始まり さまざまな経験ができているようです。
たくさんのことを経験させていただいているようで、学生も勉強になっているようです
その経験を大切に今後に役立ててほしいと思っています

1年生は来週から試験が始まります。
体調を崩さず、がんばって下さい!!

― posted by 広報 at 02:38 pm pingTrackBack [0]

<< 2018.6 >>
SMTWTFS
     1 2
3456 78 9
101112 13141516
17181920212223
24252627282930
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0151 sec.