停滞期

おはようございます
今日は気持ちのいい朝となりました
いかがお過ごしでしょうか

さて、いろんなことを継続的にしていると
必ずといっていいほど停滞期がきます
勉強やシミュレーションなどなど
それに悩んでしまう学生も多くいます

私も数々の停滞期を経験してきましたが
それはあっけなく終わることも多かったです
苦しいと思ってやめてしまったことも多くあり
それを後悔して、またやり直したりしました
逆にやっているだけで意味なく過ごしているときも。

そんなときもある
どんなときでも絶好調なわけがない
でも
そこが天才か否かの境目だと思います
天才は、頭がいいことではないと私は思っていて
そんな苦境のときでも歩みを止めない
そのモチベーションをもち続けることの出来る人が
天才なのだと思います
モチベーション高くいることは
難しいことです
そんな状況でもモチベーション高くいられるのは
きっと
「叶うかもしれない夢」があるからです。
人を動かす力がある夢をいつももち続けることができるかどうか

どんな状況でも自分らしく
自分にしか出来ない救命をすればいい
教科書どおりにシミュレーションをやったところで
傷病者を観ることは出来ない。
傷病者を観て自分らしくやり遂げること。
そこに自信を持ってほしい。

自分の優しさが
救急を担うことができるはず。
そんな日が来るのももうすぐです(QQ)

今日も一日頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:05 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2019.4 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 56
78 9 1011 12 13
1415 16 17 18 19 20
2122 23 24 25 26 27
28 2930    
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0103 sec.