準備9割 運1割

今日も寒い朝になりました
いかがお過ごしでしょうか
インフルエンザもありますので
十分な休息 栄養 と手洗いを実施しましょう
手洗いにはどのような方法があったでしょうか。
またインフルエンザにはどのような手洗いが良いと思いますか?


私は常々準備に時間をかけるように指導しています
それは不足があった場合には救命できないこと
携行資器材が多くなるほど、活動に影響を来たし体力を消耗すること
などが考えられます
そのさじ加減を学習しておくことが必要になります

状況評価の中にどんな項目があったでしょうか
覚えている学生が非常に少ないように思います
準備が出来ないということは
救命できないということです。
救命士の質を高めたいのであれば、
そのような小さなことでも一生懸命勉強し習得していく必要があります
そのためにフィードバックの質も高めていく必要があります

昨日私は21回生の演習を担当しました
自分の思いや意見、考えを言えないで勢いでシミュレーションをやっている学生に
とても厳しく指導しています
時々聞かれる「テンパっていたので」というのも
私は違うと思っています
どうしていいかわからないなら
潔くシミュレーションをとめてフィードバックするべきです。
限りがある時間を有意義に使うなら
やっても意味ないことはしないほうがいい。
テンパってというなら冷静になれるように努力しなければ。

冷静に出来ない。それはトレーニングが不足しているからです。
勉強が不足している学生の言い訳のように思うのです。
私には言い訳を聞いている時間なんて一秒たりともありません。
私は救急救命士のプロになると決めた学生を育成しなければならないのですから。

目標を決める。
それは自分の課題をしっかりと分析して考えて行動する。
そのことでどうやったら目標を達成できるかを考え
他者に評価してもらうことが重要です。

準備が9割の答えを持っている。
準備が十分であれば、救命は必ず出来る
準備が出来ていないということは
思考過程が出来ていないということです。
なので、私は準備が出来ているかどうかを観察し、
このシミュレーションの行方を予測しているのです。

運も1割あります。
その運を味方につけられるのも
私は資器材に対する想いのような気がします
それがわかってもらえるように指導していけたらいいなと思います


気合を入れて今日も一日頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:05 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2019.1 >>
SMTWTFS
  1234 5
67 8 910 11 12
131415 16 17 18 19
2021 2223 24 25 26
2728 29 30 31   
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0104 sec.