自分の責任

今日は肌寒いですね
風邪など引かないように気をつけましょう

さて、救急救命学科の規則の中に
職員室の入室時間が設定されています
会議中などイレギュラーなことがない限り
この時間帯を除くすべての時間が入室できます
2回のノックをして入室してくるわけですが
私も学生のころ緊張していたように、今も変わらず緊張するのだと思います

そのほかにも
単位認定試験の規則、再試験の規則などなど
いろいろなことが規則で決められているわけです
それは細部まで決まっていますが
自分で責任を持って行動できるようにと
決まっているものです
何かがあっても、きちんと報告・相談が出来るように
この2年間で身につけなければなりません。

2年生になれば、1年生の手本となりアドバイスできるようにしなければなりません

相談なしに勝手に自分で判断して
勝手なことをやっていては、チームを乱し、
チームごと危機にさらすようになってしまいます

危険と隣り合わせの仕事だからこそ、
自分たちの安全を守ること。
それが救急救命士にとって大切な判断のひとつです。

― posted by 広報 at 01:11 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2018.11 >>
SMTWTFS
    1 2 3
45 6 7 8 9 10
1112 13 1415 1617
1819 20 21 22 2324
2526 27 28 29 30 
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0163 sec.